日本家庭教育学会
お問い合わせ

日本家庭教育学会は、家庭教育に関する理論的・実践的研究と その普及を目的とし、日本学術会議協力学術研究団体として認められています

主な活動

韓日家庭教育学会との交流

第4回韓日家庭教育学会シンポジウム開催のお知らせ

平成22年5月29日(土)、韓国ソウル成均館大学に於いて、韓日家庭教育学会シンポジウムが開催されます。旅行日程は5月28日(金)〜31日(月)までの予定となっております。参加を希望される方は平成22年4月15日までに本学会事務局までご連絡下さい。

※平成22年度の韓日家庭教育学シンポジウムは終了致しました。



■第1回韓日家庭教育学会シンポジウム参加報告

 平成19年12月19日(土)、ソウルの成均館大学の退渓人文館に於いて、韓日家庭教育学会シンポジウムが開催され、研究発表や討論が行われました。以下その概要を報告いたします。

研究発表

(1)渡邉達生(八洲学園大学教授)「子どもの心を豊かにする道徳教育の視点」
(2)平良 直(八洲学園大学専任講師)「日本の公教育における宗教教育の現状と家庭教育」
(3)嚴 錫仁 (八洲学園大学助教授)「儒教のなかの親子のあり方」
(4)朴 洪植(大邱韓醫大學)「韓國専業主婦の失職と家庭問題」
(5)洪 恵娘(随筆家)「母の危機」



総合討論

司会 李基東(成均館大学教授)


韓国家庭教育学会は、成均館大学名誉教授の安炳周先生を初代会長とし、副会長や理事などの役員を選出し、2005年11月26日に創立されました。このシンポジウムはそれを記念して開かれたもので、日本家庭教育学会では、髙橋会長を始めとして、10名の会員が参加しました。


研究発表では、日本からの研究者3名と韓国の研究者2名による、計5篇の研究発表が行われました。5名の発表者は、各自の関心分野に基づいて日韓両国における家庭教育の現況や未来への展望などを分析・提示し、会場の皆様から熱い関心が示されました。続いて総合討論の場では、成均館大学の李基東氏が座長を務め、5名の発表者と会場の皆様をまじえて活発な質疑・討議が行われ、家庭教育の重要性をあらためて再認識する貴重な場となりました。


この日の参加者は70名ほどで、第1回目シンポジウムとしては大盛況といえましょう。韓国家庭教育学会は髙橋進日本家庭教育学会会長の強い呼びかけによって創立されました。また韓国家庭教育学会の出帆はこれからの日本家庭教育学会の発展においても大きな役割を果たすことでしょう。良き同伴者として韓国家庭教育学会が成長・発展するよう、会場の皆様のご関心やご協力を期待いたします。


(報告者・嚴 錫仁) 

入会のご案内 家庭教育について一緒に考えてみませんか
主な活動 家庭教育師の認定、刊行物や学術大会 などについて

日本家庭教育学会

日本家庭教育学会事務局

〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町3-1
TEL&FAX:03-3264-7430

お電話でのお問い合わせは火曜日・金曜日11:00〜12:00、13:00〜16:00にお願いいたします。お急ぎの場合は「お問い合わせ」欄にてご連絡ください。


お問い合わせはこちら

PAGE TOP